偽装不倫キャスト風太が可愛すぎ~!誠実でいい子過ぎる!

ドラマ

偽装不倫も8話まできました。

キャストの風太君、いいですね!

風太君可愛すぎる~!誠実でいい子過ぎる!とSNSで大人気!

風太君の魅力をお伝えします。

スポンサーリンク

風太君が可愛すぎる理由

見知らぬお姉さんまでを心配し声をかける素直なところ

第8話

自分が独身だと伝えるメッセージを丈に送ってしまった鐘子。

既読がついて慌てていたが、丈の返事は一日経ってもない。

鐘子が、お昼休み、ランチを食べに外にやってきた。

頭の中は丈の事でいっぱい。一人で考えていると想像が悪い方に行くと、

鏡の中のもう一人の自分を呼び出そうと手鏡を見ながら手で顔を叩いたり、鏡に向かって手を振ったり、頭を叩いていた。

そこへ

「お姉さん大丈夫?」といきなり後ろから声が・・

風太だ。

振り返るとお互い、「鐘子さん!」「風太君・・」とびっくりしあう。


最初は、本当に、心で思ったことを口にしたり行動したりするなんて、素直すぎじゃない?大丈夫?と思ったりしていましたが、ここが風太君の良さなんですよね!

目から飛び込んできた情報に対して素直に声に出す!中々出来ませんよね。

だから、葉子にも最初なんのためらいもなく声をかけたんだなと思えてきます。

 

悩む鐘子の話を聞いてあげる

何故か鐘子とお茶をして、そこで鐘子のお悩み相談に乗ってあげて・・

その席で、風太に葉子への気持ちは本気か確かめる鐘子。

風太は「本気でつきあっているよ!」と。

鐘子は、風太に今までの丈とのいきさつを聞いてもらう。

そのお悩み相談の途中で、うっかり爆弾発言をしてしまう鐘子。

 

「お姉ちゃんの結婚指輪が・・」

 

葉子さんの結婚指輪?

どういうこと?

葉子さんって独身じゃないの?

 

 

(心の声)

しまった!

まずい!

結婚してるんだね。葉子さん

そっか~。おかしいとは思ってたんだ。

家には絶対に呼んでくれないし。

僕といるの人に見られたら恥ずかしいからなのかなと思ってた・・

こんな頭だし。ガキだし。

 


それなのに風太君、「今は鐘子さんの話聞かないと。僕は男だから大丈夫!」って。

誠実すぎる~

鐘子が、「不倫とはいえ、二人は本当にちゃんと好きで愛し合ってて。」と言えば、「うん。愛し合ってる。それはわかる。」とはっきり言う風太。

「葉子さんと初めて会ったときから初めて目が会ったときから葉子さんに夢中で指輪なんか見ていなかった」って。

風太の良いところは本当に純粋で、素直に思いを伝える人だなと思う。

全く、ガキじゃないですよね!男前です。

 

誠実なところ

葉子が結婚してるってわかってからも、いつも通りの態度で会う風太。

二人が会っているところを賢治に目撃された葉子。

風太に

「ごめん。急用を思い出した。」と葉子が去って行った後も、風太は葉子の事を気遣って

「大丈夫?」とメッセージを送る。

葉子が、風太に電話をかけた時も、葉子さんを責めるようなことは一言も言わず、

「僕、何があっても葉子さんを守るよ!」と言ったという。

 


葉子が結婚しているとわかっても、責めることなく、変わらず葉子さんを守ろうとするなんて、本当に誠実な子だなと思った。

一番人間出来てるのは、風太じゃないかな。

 

相手を思いやる優しい気持ち

鐘子の事も心配してたよと葉子。

「僕は葉子さんが結婚しててもあきらめない。なのに独身の鐘子さんが諦めるなんてあべこべだ。」と。

葉子さんが「嘘ついても誰も幸せになれないね。このままじゃ誰も幸せになれない。賢治も風太も私も。」

「私は今から自由の身にはなれない。そんな私が風太を縛るようなことはできない。賢治のことこれ以上苦しめられないし。」

次の日、葉子は風太に電話をかける。

「風太、しばらく会うのやめよ。メールも電話もしてこないで。」

「私もう嘘つくの疲れちゃったよ」

と伝えると、「そっか。わかった。また会える時が来たら連絡して僕待ってるから。」

と自分の気持ちを押し殺して明るく答えた。

 


葉子さんも大好きな風太君にもうしばらく会うのをやめよ。

と突き放すのは本当に辛かったのではと思うけれど、

葉子さんの事を考えて「そっか。わかった。・・・」と答えた風太。

切なすぎる・・

自分の事より葉子の事を考えるなんて風太はいい子なんだろう。

本当は、大好きな葉子さんと会えなくなるなんてすごく辛くて悲しいはずなのに・・

胸が痛い!

 

まとめ

風太が可愛すぎて、誠実でいい子過ぎるところは、

・見知らぬお姉さんまでを心配し声をかける素直なところ

・悩む鐘子の話を聞いてあげるところ

・誠実なところ

・相手を思いやる優しい気持ちがあるところ

優しくて純粋で素直で、そして誠実で男前な心意気。

それでいて可愛いあの笑顔。

風太が優しすぎて、自分を押さえてまで相手の事を思ってしまうところは、せつなすぎます。

風太、頑張れ!

 

テキストのコピーはできません。