カラークリエーションって歌手知っている?事務所はどこ?曲は?

ボーカルグループ

カラークリエーションっていう歌手知っていますか?

歌が抜群に上手な5人の男性ボーカルグループCOLOR CREATION通称(カラクリ)といいます。

オーディション企画から誕生したグループで、めちゃめちゃ歌が上手い。

どこの事務所なのか、どんなを歌っているのか、調べてみました。

 

スポンサーリンク

カラークリエーション

 

カラークリエーション、正しくはCOLORCREATION。 通称カラクリといいます。

RIOSKE、TAKUYA、JUNPEI、KAZ、YUUTO5人から成る、圧倒的歌唱力を誇る次世代のボーイズ・ボーカルグループ

「メンバー全員が高い歌唱力で歌える、カリスマ・ボーイズグループを作ってみたい!」とお笑い芸人トレンディエンジェル斎藤さんとマルチクリエイターのGENKINGの企画から生まれたグループです!

2017年8月にインディーズでリリースしたシングルが3ヵ月で8,000枚以上の売上を記録し、活動開始からわずか10か月でメジャーデビュー。

現在カラクリは、全作品でオリコン週間ランキングTOP10入りを果たしており、今年5月に発売した1stアルバム「FIRST PALETTE」では自己最高位となるオリコン週間ランキング2位を獲得。

SNSのフォロワー数合計は既に18万人を超え、ネット上でも彼らの歌声が話題になっています。

事務所は?

事務所はテレビ朝日ミュージックというところです。

この事務所はテレビ朝日が100%出資している子会社で、所属アーティストは「ケツメイシ」や「湘南乃風」が所属されています。

ジャンルJ-POP2017年デビュー。

レーベルワーナーミュージックジャパンです。

 

どんな曲を歌っているの?

インディーズデビュー

2017年8月23日 2曲リリース

「Waiting For You」

 

一人一人の歌唱力がすごい!

聴いていて気持ちが伝わってきます。

 

「Summer Love」 

 

アップテンポな曲

夏らしい曲にラストはアカペラでユニゾン。

 

メジャーデビュー

1stシングル 2018年5月23日リリース

インディーズCD合計5000枚以上売り上げるワンマンライブを完売するというミッションを見事達成しメジャーデビュー!

「CANVAS」

 

心に響いてくる素敵な曲です。

今世紀最も“白い”MV!? として話題にもなりました。

白いキャンバスをイメージさせますよね!

 

「I’mHere」と「BlueStar」

2stシングル 2018年10月24日リリース 

どちらもBlueをイメージした曲

 「I’mHere」

 

 

 「BlueStar」

 

「BlueStar」はドラマ「今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?」の主題歌でした。

 

 

「Let it snow~会いたくて~」

3rdシングル 2019年2月20日リリース 

 

ファーストアルバム「FIRST PALETTE」

2019年5月22日リリース 

2018年5月にメジャーデビューした全員メインボーカル全員主役圧倒的歌唱力を誇る次世代のボーイズボーカルグループCOLOR CREATION、待望の1stフルアルバムがリリースされました。
「自分達の歌声で、聴く人達の人生に彩りを」という意味が込められたアーティスト名にちなみ、デビューシングル「CANVAS」では
2ndシングル「I’m Here/Blue Star」では
3rdシングル「Let it snow 〜会いたくて〜」ではと、毎回シングルごとにテーマカラーを掲げてリリースを行ってきたCOLOR CREATION。

シングル曲から、ライブ定番曲まで彼らのこれまでの活動すべてが凝縮された必聴の1st フルアルバム

 
アルバムの中から一曲 「Butterfly」

 

是非、手に取って聴いてみてください♪

 

「The Call」

4thシングル 2019年11月20日リリース予定 

 

COLOR CREATION待望の4thシングル!!

予約しました!A盤B盤両方とも!

リリース後にはスペシャルライブ< WINTER COLORS>の開催も決定!!

ライブでカラクリに会えるのを楽しみにしています♪

 

まとめ

カラークリエーションって歌手知っている?事務所はどこ?どんな曲を歌っているの?という事で調べてみました。

昨年のメジャーデビューから、リリース全作品(シングル3枚/アルバム1枚)がオリコン週間ランキングTOP10入りを果たし躍進中のカラクリ。

ますます成長する彼らの動きから目が離せませんね。

 

 

テキストのコピーはできません。