ティモンディが野球チームを本気指導!マル秘メニューとは?グータッチ

テレビ番組

ライオンのグータッチでティモンディが少年野球チームを熱血指導します!
同じ高校の野球部だった二人が、ユニークなメニューで子どもたちを指導!
話し方はゆっくりなティモンディ高岸ですが、どんな指導をするのでしょうか?
リアルタイムで視聴していきたいと思います。

スポンサーリンク

ティモンディ

グレープカンパニー所属

高岸宏行

氏  名 高岸宏行(たかぎし ひろゆき)

生年月日 1992年10月8日(27歳)

出 身 地  愛媛県生まれ滋賀県育ち

身  長  188cm

学  歴  愛媛県済美高校卒

東洋大学

経  歴  高校時代は、前田と共に硬式野球部に所属。2年生の時、控え選手兼野手としてレギュラー入り。

3年生では、夏の甲子園愛媛県大会に敗れ、甲子園には出場していない。

個人では、高校生の時投手として最速147㎞/hを出していた。2018年には、150㎞/hを記録している。その実力からプロ野球に誘われるも、大学生の時に故障しプロをあきらめた。打者としても高校通算20本塁打を記録している。

前田裕太

氏  名  前田裕太(まえだ ゆうた)

生年月日  1992年8月25日(28歳)

出 身 地  神奈川県

身  長  175cm

学  歴  済美高校卒

駒澤大学卒

明治大学法化大学院中退

経  歴  2年生の時、控え選手兼野手としてレギュラー入り。3年生では、一塁コーチだったが筋力は全国1位だった。

 

野球チームを本気指導!

マル秘メニューとはどんな方法なのでしょうか?

フレンズ田山

エースのゆうき君はボールを速く投げたいと思っています。

小学生の平均速度は90kmだが、ゆうき君は78km。

ティモンディの高岸さんは最速147kmの剛球を投げていました。

高岸さんはゆうき君に、「ゆうき君の中で速いものは何?」と聞きます。

新幹線と答えたゆうき君に「新幹線を投げると思えばいい。」と伝える高岸。

そこでマル秘メニューが飛び出しました。

「ゆうき君ならやれば出来る!」

マル秘メニュー

地面にボールを叩きつける練習

思い切り地面にたたきつけることで、腕を速く振るトレーニングをします。

スネを折るイメージで叩きつける

ボールの跳ね返り方がどんどん上がっていき、短い時間の練習で79kmだったボールの速度が84kmになりました。ゆうき君は、「真下にボールを叩きつける練習でボールが速くなるのかなと思ったけど練習してみてびっくりしました。高岸さんのおかげで不安がなくなりました。」

コントロールを改善する方法

1年生から男子の中で練習してきたなみちゃん。勝負事には男も女も関係なく負けたくない。

負けず嫌いで一生懸命練習してきました。

何度も何度も繰り返し、バランス感覚を体で覚えていきます。

そのあとフォームの改善をし、体のバランスがキープできるようになってきました。

「なみちゃんならやれば出来る!」

丹田(下腹部)にいる意識を持つ

バランスボールの上に投球前後の体勢で立つ

身体でバランスをとることが大事!軸足でも、踏み出し足でも投球の最初と最後は一定にする。

まずは、最初1本で立つ最後も1本で立つことを練習していきます。

バランスボールの上に立ってバランスをとる練習をします。

丹田を意識して、松の木になった気持ちで投げる。

「なみは丹田にいる。」と面白さと共におぼえさせます。

一本の松の木になりきる

ボールを投げた時に、股関節でしっかりとしめます。自分は1本の木だ!と思い投げた後のフォームでしっかりとバランスをたもつ練習をします。

足の細かな筋肉のトレーニングを欠かさずやって1つずつ積み重ねればできるようになる。

 

指導後、もう一度投球してみると投球前後でバランスを崩すことなくまっすぐ投げることが出来ました。

なみちゃんは、「足に力が入って手を意識しなくてもいい球がいくようになりました。そばでこんな風にやったらいいよって体で表してくれたからわかりやすかった。」

椅子に座り90度の基本姿勢を体に覚えさせる

イスとスパイダーマン

椅子に座り腰と膝が90度くらいになるように座る。ここを基本姿勢とします。

イメージはスパイダーマンで行います。ボールがきたらスパイダーマンの糸を出すように、グローブを前に出す。

そうすることで安定してボールを取ることが出来るようになります。

子ども達にメッセージ

高岸「僕は元々とても不器用で最初野球をやり始めたときに、緩いボールでも捕ることが出来なかった。

ずっと顔面にあたってばっかりだった。キャッチボールするにも1年以上かかりました。

でも練習を積み重ねていくことが出来て、高校・大学と強いチームでやることが出来ました。」

前田「高校時代は僕が体力の限界だって時に高岸が助けてくれた。チームメイトだからこそ出来る野球の良い部分だと思う。」

野球を通じて絆を深めていくことで野球を通じた仲間が今も横にいます。

今しか経験できない野球をベストを尽くして楽しんでいくことが必ずこれから先の宝物になるから、皆で助け合って野球をやってください。

子ども達に伝えたかったのはどんな状況でも「ベストを尽くすこと」「やればできる!」ということ!

練習試合

指導した次の日。

練習試合がありました。

課題のピッチャーのゆうき君は、投球のスピードが上がり今までよりもボールを打たれなくなりました!

なみちゃんは、今までどうりのスピードに合わせコントロールが安定しました!

試合で勝つことはできなかったもののそれぞれの成長がとても見られました!

ライオンのグータッチ

毎週土曜日09:55~10:25

MC 佐藤隆太、博多大吉、西野七瀬

“その道のエキスパート”が“グータッチサポーター”として純粋に「勝ちたい」「上手くなりたい」と願う子供たちのもとを訪れ、子供たちが目標を達成するまで全力でサポートする番組。

まとめ

「ティモンディが野球チームを本気指導!マル秘メニューとは?グータッチ」というタイトルでお届けしました。

高岸さんの面白さと分かりやすい解説によってすぐに成長が見られた子ども達でした。教え方のすばらしさと、子ども達の吸収力の凄さに驚きました。また、「やれば出来る」という言葉と共にがンばっている子どもたちを見て魔法の言葉だなっと思いました!これからも頑張っていってほしいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

テキストのコピーはできません。