グータッチフィギュアスケート少女夢の続きSP第3弾安藤美姫と再会!

テレビ番組

3月28日のライオンのグータッチで、『夢の続きSP第3弾!フィギュア少女が安藤美姫と再会!』が放送されます。

以前放送されたフィギュアスケート少女が中学生になって全国大会へ!

そこで安藤美姫さんと再会するそうです。

どんな内容なのか、リアルタイムで追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ライオンのグータッチ夢の続きSP第3弾

毎週土曜日09:55~10:25

 

MC 佐藤隆太、博多大吉、西野七瀬

 

“その道のエキスパート”が“グータッチサポーター”として純粋に「勝ちたい」「上手くなりたい」と願う子供たちのもとを訪れ、子供たちが目標を達成するまで全力でサポートする番組。

今回は大好評企画の第3弾!

以前、ミキティこと安藤美姫が指導したフィギュア少女に密着!

フィギュアスケート少女

2年前当時小学校5年生だった伊藤れいなちゃんが中学1年生になって登場!

2年前、安藤美姫さんに、「もっと上手になりたいと思わないんだったら来ないほうがいいよ。」といわれたれいなちゃん。

2017年新潟近県大会練習の成果を発揮しミスのない演技を披露。

前年10位から見事3位で表彰台に上がることができました。

あれから2年・・・

身長は10cmも伸びてちょっとお姉さんになっていました。

念願だった野辺山新人合宿という8歳から12歳を対象に全国から有望選手が集まる合同合宿に参加をすることができるほど成長していました。

羽生結弦選手も、参加していた合宿です。

そこにれいなちゃんが東北・北海道ブロック代表に選出され合宿に参加。

ジャンプの高さを教えてもらって出来るようになりました。

高いレベルの練習で自信をつけたれいなちゃん。

フィギュア少女伊藤れいなちゃんが新潟県代表として中1で全国中学校スケート大会に出場します。

果たして、結果は?

放送内容

全国中学校スケート大会

全中(全国中学校スケート大会)に新潟県代表として選ばれた伊藤れいなちゃん。

全中とは、予選を勝ち抜いた90人の中から日本一を決める大会です。

大会日程は、

1日目 ショートプログラム

↓ 上位18人

3日目 フリープログラム

1日目のショートプログラムを突破し2日後のフリーに進むことが目標です。

練習の様子

ダブルループやダブルアクセルなどのダブルジャンプは安定感があるのですが、トリプル(3回転)がまだ着氷できないという状態でした。

トリプルジャンプを跳べないと、フリー進出はほぼ不可能です。

練習を何度も試みますがうまく跳べません。

そのれいなちゃんのもとに、再び安藤美姫コーチが指導に来てくれました。

2年ぶりの特別レッスン猛特訓が始まります。

指導してもらえる時間は1時間。

安藤さんは、すぐにれいなちゃんに修正ポイントを伝えます。

飛び上がる瞬間に右肩が下がってしまい、体の軸が傾きバランスが取りづらくなっていました。

トリプルジャンプはプログラムの1つ目。失敗すると後半にも影響が出てしまうためこのジャンプの出来が勝負のかぎを握ります。

考えて跳ぶよりは、毎回同じことをコツコツとやるほうがいいと安藤さんは言います。

何度失敗しても集中を切らすことなくトリプルジャンプに挑んだれいなちゃん。

安藤さんに出会い、指導を受けてからスケートに対する気持ちに変化が起きていました。

毎日練習に行けることが恵まれたことだった。

その練習を大切にしていこうと・・・

1日の大切さ、成長した自分を安藤さんの前で見せたい。トリプルジャンプを跳びたい。

1時間の練習の中で最後はトリプルジャンプを跳べるようになりました。

全国大会当日

中学1年生から3年生まで学年関係なく競います。

90人のうち上位18人がフリーに進出します。

プログラム

①3トゥループ+3トゥループ
 着氷に成功しましたが、回転不足を取られてしまいます。

2アクセル
きれいに決まります。

③レイバックスピン

④2ループ

⑤フライングシットスピン

⑥ステップシークエンス

⑦足換えコンビネーションスピン

安藤さん譲りの表現力で、最後までしなやかに軽やかに踊り終えました。

 

れいなちゃんの成績は・・・

最終順位90人中60位

3年生もいる中、初出場としては健闘しました。

れいなちゃんの感想は?

今までの演技の中で一番いい感じでできた。

もっと上にあがれるようにがんばりたい。

 

来年に向けて頑張れ~!

安藤美姫

氏  名 安藤美姫(あんどうみき)

生年月日   1987年12月18日(32歳)

出 生 地    愛知県名古屋市

身   長     162 cm

体     重     50 kg

8歳の時、友達に誘われスケートを始め、教室のコーチに勧められ、その後名東フィギュアスケートクラブに入会する。

いろいろな技を習得し、中学生になると、2001-2002シーズン、全日本ジュニア選手権優勝、ISUジュニアグランプリ (JGP)もJGPファイナルを含む3戦全てで優勝する。

2006-2007シーズンには世界選手権でSP、フリーいずれもパーソナルベストを更新する会心の演技で金メダルを獲得し世界女王に!

様々な大会で成績を残した安藤も、2013年12月ソチオリンピックへの出場を懸けて3年ぶりの出場となった全日本選手権で最後まで自分らしい演技をしたいと、難しい構成を選択し、総合7位に終わり引退を決意。

引退後は、プロスケーターとしてアイスショーに出演したり、バラエティー番組に出演したり、振付師として活躍している。

まとめ

「グータッチフィギュアスケート少女夢の続きSP第3弾安藤美姫と再会!」と題してお送りしました。

伊藤れいなちゃん、全中出場おめでとうございます。

凄く素敵な演技でした。感動しました。

れいなちゃんはそのうち日本を代表する選手になるのでは?と思いました。

安藤美姫さん、素晴らしい敏腕コーチでしたね♪

一瞬でどう改善したらよいかわかるなんて本当にすごい人だなと改めて感じました。

また次回、れいなちゃんと安藤美姫さんの再会を期待しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事「グータッチフィギュアスケート少女結菜さんの夢を安藤美姫が応援!」

コメント

  1. […] グータッチフィギュアスケート少女夢の続きSP第3弾安藤美姫と再会! […]

テキストのコピーはできません。