尾崎裕哉(ひろや)の年齢やプロフィール、楽曲を紹介!

ソロアーティスト

皆さんは尾崎裕哉さんを知っていますか?

尾崎といえば・・そう、あの偉大な尾崎豊さんの息子さんです。

尾崎裕哉さんの声はお父さん譲りで似ていると言われていますが、どんな方なのでしょうか?

尾崎裕哉さんの年齢やプロフィール、そしてどんな曲を歌っているのかなどいろいろと魅力に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

尾崎裕哉

名  前 尾崎裕哉(おざきひろや)

生年月日    1989年7月24日(31歳)

出 身 地    東京都

血 液 型  O型

学  歴 慶応義塾大学院修了

シンガーソングライター尾崎豊の長男として生まれた裕哉さん。

2歳の時に父、尾崎豊さんが亡くなり、その後5歳頃から15歳頃まで母とアメリカ合衆国・ボストンで暮らしていました。

2008年に慶應義塾大学環境情報学部入学し2015年3月には大学院を修了したという素晴らしい経歴の持ち主なんです。

尾崎裕哉の楽曲を紹介!

在学中からラジオのディスクジョッキーをしていた裕哉さん。

2016年にメジャーデビュー!シングル『始まりの街』のデジタル配信開始。

始まりの街

この『始まりの街』は、大学院を卒業した時にサプライズでプレゼントしようと思って母親へ贈った歌なんだそうです。

お母さん、そして亡くなった尾崎豊さんへの気持ちが伝わってきてジーンとしてくる曲です。

 

デビュー以降、精力的にライブ活動を続けてきた裕哉さん。

2018年には『北斗の拳』の過去を描くTVアニメ「蒼天の拳-REGENESIS-」の第2期エンディングテーマとして『この空をすべて君に』が起用されました。

この空をすべて君に

素敵な曲ですね。包み込まれるような歌詞で優しい気持ちになります。

裕哉さん自身の書き下ろしの一曲。

曲調、サビの部分など、尾崎豊さんとリンクしてしまい、尾崎ファンとしては裕哉さんの声から思いを馳せてしまうところがあります。

1stアルバム Golden Hour(ゴールデン アワー)

10月21日に待望の1stアルバムGolden Hourをリリースしました。

新曲も含め今までライブでしか聴けなかった多くの作品が新たなアレンジで収録されています。

収録曲をご紹介!

裕哉さんの魅力が詰まったアルバムですね!

裕哉さんの歌にはメッセージがココロに伝わってくる力を感じます!

ビンビン心に響いてきます。

まとめ

「尾崎裕哉(ひろや)の年齢やプロフィール、楽曲を紹介!」というタイトルでお送りしました。

裕哉さんの歌を聴いていると始めは尾崎豊さんの面影を探してしまうのですが、聴いているうちに裕哉さんの魅力にハマっていきます。

1stアルバムのGolden Hourは、そんな裕哉さんにしか作れない音楽というものを感じます!

そこへ布袋寅泰さんや、 KREVAさん、リトグリの作詞を数多く手がけている作詞家のいしわたり淳治さんも、参加しています。

すごく豪華ですよね!

初回生産限定盤付属DVDには尾崎豊さんのカバーOH MY LITTLE GIRLも収録されていますよ!

皆さんも何曲も聴いて、裕哉さんの魅力に触れてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

テキストのコピーはできません。