田中美南の身長体重出身地ハーフの噂は?学歴は?なでしこジャパン

スポーツ
2020年1月、田中美南選手が、日テレ・ベレーザを退団し、INAC神戸レオネッサに完全移籍するというニュースが流れました。

田中選手とはどんな選手なんでしょう。

田中美南選手の身長や体重出身地やハーフの噂は?そして学歴などについてお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

田中美南

な  ま  え  たなか みな

生年月日     1994年4月28日(26歳)

身長や体重は?

  身  長      164cm

  体  重      56kg

 

出身地は?

タイ国

母親がタイの方で、両親と兄が母の親族に会いにタイを訪れた時、現地で誕生した。

育ったところは、日本の神奈川県川崎市なので、誕生したのがタイ育ちは日本ということですね。

ハーフ?

父親は日本人、母親がタイ人なので、タイ日本のハーフです。

ボーイッシュな顔立ちですね!

兄弟は?

お兄さんが見えます。

お兄さんの影響でサッカーを始めたそうです。

学歴

高 校は、地元の神奈川県立百合丘高校を卒業しています。

大 学:駒沢女子大学国際文化学科卒業

経歴

小学生の時、お兄さんの影響でサッカーを始めました。川崎ウィングスFCに所属し、中学生になった2007年から2011年まで日テレ・メニーナに所属していました。

2011年トップチームである日テレ・メニーナとベレーザの2重登録をされて、なでしこリーグ初出場、初得点を挙げました。

2012年、日テレ・ベレーザに昇格。日本で開催されたFIFA U-20女子ワールドカップに出場しました。

2015年から2017年には、チームリーグ優勝、連覇に貢献し、得点王、ベストイレブンに選出されるなどすばらしい活躍をしています。

今回のEAFF 女子E-1サッカー選手権のチャイニーズタイペイ女子との試合で2得点をあげた。

2020年1月18日に、日テレ・ベレーザを退団し、INAC神戸レオネッサに移籍することを発表しました。

田中美南選手コメント

「2019年シーズンを持ちまして日テレ・ベレーザを退団し、INAC神戸レオネッサに移籍することにしました。考えて、悩み、周りの人に相談をし、自分の直感も信じてこの決断に至りました。

今の夢は、東京五輪で活躍して支えてもらった人たちに感謝をすること。その為に、自分のために環境を変えることを選択しました。

13年間、このクラブに育ててもらい、そこで出会った指導者、チームメイトに恵まれてここまでこれたんだと心から思います。

最後の2年間キャプテンを務め、すべてのタイトルの優勝杯を掲げられたこと、みんなと笑いながら真剣にサッカーをしたこと全て自分の財産です。

クラブ関係者の方々、各スポンサーの方々、そしてベレーザのみんな、本当にお世話になりました。

ベレーザのサポーターのみなさん、直接挨拶することができなくて心残りですが、皇后杯で最後に話したことは本当です。今までたくさんの田中美南コールありがとうございました。対戦する時は、愛のあるブーイング待ってます!これからも応援よろしくお願いします。ベレーザ最高!!」

13年間所属していたクラブを退団し新たな道に歩む田中美南。

これからの活躍にも注目が集まりそうですね♪

まとめ

『田中美南の身長体重出身地ハーフの噂は?学歴は?なでしこジャパン』というタイトルでお届けしました。

出身地は母の故郷タイでした。父が日本人、母がタイ人ので噂通りハーフでした。

2020年田中美南選手がINAC神戸レオネッサに完全移籍しました。

13年間在籍した日テレ・ベレーザでも愛され続けた田中美南。

これからも新しいチームで頑張ってください。応援しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

テキストのコピーはできません。