江頭亮ミライ☆モンスター走り高跳びで高校新記録を目指す!

テレビ番組

インターハイの陸上・男子走り高跳びに出場した大阪府立大塚高等学校・江頭亮くん(3年)。

ミライに羽ばたく金のタマゴ応援番組ミライ☆モンスターで取り上げられました。

走り高跳びで高校新記録にかける思い。是非、頑張って欲しいです。

スポンサーリンク

ミライ☆モンスター

毎週日曜日11:15~11:45

未来に輝く「金のタマゴ」応援ドキュメンタリー番組。

日本の未来を背負っていく、「金のタマゴ」たちの挑戦を応援していきます。

番組MC
関根勤
横山由依(AKB48)
矢作萌夏(AKB48)

ミライ☆モンスター紹介人
磯村勇斗
石田たくみ(カミナリ)

番組内容

走り高跳び界の期待の新星

江頭亮(えがしら りょう) 高校3年生

大塚高校陸上競技部は全国大会6年連続優勝の強豪校
部員数約130人

舩津先生の指導

陸上部顧問 舩津哲史先生(45歳)

ジュニア世代の日本代表コーチを兼任する。

ナショナルチームのコーチもしているすごい人!

日本最速スプリンターサニブラウン選手も指導を受けたことがある先生。

練習メニューが2500枚ほどあり世界的なコーチとコミュニケーションや連絡を取りながら指導している。

練習メニューが日々違い、世界中のネットワークを使って練習を進化させている。

舩津流基礎練習①遠心力を加えた助走練習

棒の端を補助する子が持ってもう一方の端を選手が持つ。
補助する子の周りを棒をお互いに持ったまま円を描くように走る練習。

円を描いてコーナーのポジションを覚える。
走り高跳びは弧を描いて跳躍するので遠心力を加えた助走練習になる。

 

舩津流基礎練習②Gを加えた踏み切り練習

2本の棒を前、真ん中、後ろで同じ方向を向いて肩に担ぎ、真ん中の選手は片足で上に跳び前後の選手はそのまま棒を動かないように持っている。

真ん中の選手は突き上げる感覚が踏み切りの瞬間と一緒になるので本番でかかる負荷を体感することができる。

踏み切りの時は体重の8倍のGがかかってくるので、そのGに耐えられる足を鍛える練習になっている。

舩津流跳躍練習 バーを使った跳躍練習

ルール:練習場での自己ベストと今回の記録の差で勝敗を争う。

平等な条件で競わせて、競争心を植え付ける練習。

亮君の高校のグラウンドでのベスト記録は2m05で、2m10に挑戦して余裕のクリア。

また、はさみ跳びでは自己ベスト1m85から1m91に挑戦し、こちらもクリア。

1m91で自己新記録で優勝!

 

亮君が通う今木整骨院の今木先生は体操の白井選手やサニブラウン選手の体の調整を行う日本スポーツ界のモンスタートレーナー。

今木先生曰く、バネを持っている子だから筋肉のボリュームはあまりないけど、しっかりした筋肉をしていて、天性のバネをもっているという。

 

亮君は戸邉直人さんを目標にしている。本気で戸邉選手を抜かすことを目指しているので、よくそのことを言っているそうだ。

10月にU20陸上競技大会があり、直近の大会でいい成績を残した高校生8人、20歳以下の大学生9人、社会人1人が出場したいわゆるジュニア世代日本一決定戦に亮君も出場した。

大会前には高校記録更新の2m24を目指し、負けたくないライバル 坂井宏和選手に勝って優勝したいと意気込んでいた。

プライベートでは坂井宏和選手と仲がよく、坂井選手、亮君、他の選手とでご飯を食べに行ったりすることもあるそう。坂井選手が6月の近畿インターハイで負傷したときも、大会後に送られてきた亮君のLINEのメッセージによってすぐ切り替えができたと話していた。

近畿インターハイ以来4カ月ぶりに両者万全な状態でのガチンコ対決。会場では一切目を合わさないライバル意識むき出しの二人。

大会は、高さ1m95から始まり3度失敗するまで任意の高さに挑戦できるというルールだ。

亮君は1m95、2m00をパスし、2m04、2m08、2m11を一発でクリアし、2m14を前にして残り3人になり表彰台が確定した。坂井選手も2m11までなんとかクリアし、大学生の土井選手、亮君、坂井選手の3人での対決。土井選手は3回失敗してしまい、最終記録は2m08で終了。続いて坂井選手も3回失敗し、2m11で終了。
亮君は…なんと、一発で成功し、念願の優勝決定!
次の2m17で今大会初の失敗をしてしまい、高校記録更新はできませんでした。

大会後のインタビューでは、優勝できて嬉しい気持ちは2割で、記録が弱すぎて情けない気持ちでいっぱいだと語っていた。

江頭亮

名前  :江頭亮(えがしら りょう)
生年月日:2001年10月12日
年齢  :18歳(2019年現在)
出身地 :大阪府
身長  :181cm
体重  :67㎏

中学生から江頭亮さんは陸上を始めました。

全国高校総体(インターハイ)で2m15という記録で見事優勝に輝きました。しかし、目指していた日本高校新記録の2m24を達成できなかった悔しさの方が大きいと話すほど、ストイックに次の大会を見据えています。インタビューにもこう答えています。

今回、跳べたのは2m15でした。優勝は当たり前で、日本高校記録(2m23)を超える跳躍をするという目標を持ってここまで練習してきたので、2m21に挑戦して失敗してしまったときには悔しさでいっぱいでした。今までの陸上人生で一番悔しかったですし、いまだに思い出して後悔することもあります。新記録を出して優勝を決めたかったです。

 

また、一番苦しかった場面を聞かれたときには、高校3年間の陸上生活の中で一番苦しかったのは2年生のときで、5月に2m10という当時の自己ベストを出せたものの、腰のケガなどにも苦しめられ、そこからは2mを跳べるか跳べないかの記録しか出せない状態が続いてしまったことだと答えています。
危機感をおぼえ、2年生の冬からは先生に提案してもらったメニューをしっかりこなし、お尻周りを重点的に鍛えたり踏み切りを強化したりしたことで3年生のシーズンが始まってからは順調に記録が伸ばせて、成果が出せたそうです。

今後は大学に進学する予定の江頭さんはの将来の夢は、1年生からインカレで勝てる選手になって、世界大会で入賞・優勝できる選手になることだそうです。自分の理想の跳躍ができたらいい記録がついてくると思うので、気持ちを強く持って戦える選手になりたい。と話しています。

 

まとめ

江頭亮ミライ☆モンスター走り高跳びで高校新記録にかける思いとしてお送りしてきました。

高校生活の中であと3回、新記録を狙える大会があるそうなので、是非高校新記録達成を実現して欲しいと思います。

テキストのコピーはできません。