グータッチ青木愛指導アーティスティックスイミング姉弟全国大会へ

テレビ番組

ライオンのグータッチが長い間追いかけてきたアーティスティックスイミング4姉弟、次男・三男のあき君とりん君ペアの全国大会への模様、そして長女のあいちゃんと長男のぐんくんペアも全国大会の中学生部門に出場することに・・

青木愛指導のもと実力を発揮し、集大成を見せることが出来るのでしょうか。

番組を追っていきます。

スポンサーリンク

ライオンのグータッチ番組情報

毎週土曜日09:55~10:25

MC 佐藤隆太、博多大吉、西野七瀬

“その道のエキスパート”が“グータッチサポーター”として純粋に「勝ちたい」「上手くなりたい」と願う子供たちのもとを訪れ、子供たちが目標を達成するまで全力でサポートする番組。

アーティスティックスイミングとは?

アーティスティックスイミングとは、以前(2017年まで)シンクロナイズドスイミングと呼ばれていたプール内で音楽に合わせて肉体を動かし、技の完成度、同調性、構成、芸術的な表現力などの得点で競う水泳競技の一種。

姉弟全国大会出場

2017年当時小学校6年生だった姉あいちゃんと小学校5年生のぐん君が初の全国大会に出場するも、12位までが進める決勝には21位予選敗退で行けませんでした。

2018年全国大会、次男あき君と長男ぐん君で出場するも、予選24位敗退

2019年全国大会へ次男あき君(小6)とペアを組んだのが末っ子のりん君(小4)最高得点で全国大会へ出場を決める。

あき君の目標は全国大会の決勝に残ってうれし涙を流すこと

いよいよ全国大会へ!

次男・三男のあき君とりん君ペア

兄弟男子デュエット

次男鈴木あき君(小6)身長147cm
三男鈴木りん君(小4)身長128cm

身長差19cm

りん君の練習はクロール50m×6本行き息継ぎなし帰りクロールでという想像しても苦しい練習に挑んでいました。

大会一か月前までは2本目までしか泳げなかったが、大会直前には6本を行き息継ぎなし帰りクロールで泳ぎきれるまでに成長していました。

 

初日に予選が行われ上位12組が2日目の決勝へ進出

2分30秒のプログラム

1曲目リフト①
綺麗に弧を描き成功

規定①フィッシュテイル(垂直沈み込み)

ピタリと決めました。

規定②スプリット→ウォークアウト
ばっちり決まりました

2曲目規定③バレーレッグ
綺麗に決まりました

規定④ボディブース
規定⑤エッグビーター
綺麗に決まりました

3曲目リフト②
高さはまずまず

4曲目規定⑥スラスト
両脚を揃えて上昇 同じテンポで垂直に沈み込む
練習で苦手としていたりん君は・・・

本番!
傾いてしまいました

あき君とりん君はあと0.3点及ばず14位で決勝にはいいけませんでした
惜しい~!

 

長女のあいちゃんと長男のぐん君ペア

中学生部門の出場

あいちゃん→4人全員で全国大会に行けるのでそれぞれが全力だせたらいいなと思います。

ぐん君→自分のやる演技に自信持ってなきゃいい演技できないのでがんばって自信持てるような練習したい

本番

成長した二人の演技がありました。

テンポの速い曲に合わせた動きや2人が足を組み合わせる技、足技のキレも細かな動きも大きく成長しました。

結果は得点67.5333で22位で予選敗退

精一杯の演技も力及ばず・・・残念です。

2年前に始まった鈴木姉弟と青木さんの全国大会への挑戦!

どんなにつらくても苦しくても決勝の夢舞台に立つことを目標に頑張ってきました。

そんな姉弟に時に厳しく時に諭すように寄り添ってきた青木さん。

青木さんと鈴木姉弟の間には絆が生まれました。

あいちゃん

これまでに練習したことを生かして泳げたし

終わった後達成感がスゴかったので出てよかったです

ぐん君

まだうまくできそうなところがあったので

来年に生かしたい

あき君

去年から青木さんに2年間教えてもらったおかげで

上手になりました。

ありがとうございました。

りん君

来年はソロだけど1人でちゃんと青木さんが

そばにいるようにがんばります。

今年はありがとうございました。

 

青木愛さん

来年全国大会の決勝の舞台に立ちたいと思うんやったら

今の何十倍何百倍と頑張ってください

成長を楽しみにしてます

 

来年は

りん君はソロ

あき君はぐん君とデュエット

あいちゃんは先輩と組んで全国の決勝を目指します!

夢に向かってガンバレ!

アーティスティックスイミング姉弟!

 

指導者 青木愛

氏  名 青木愛(あおきあい)

生年月日  1985年5月11日(35歳)

出 生 地    京都府京都市左京区

身   長     173cm

スリーサイズ   B85 -W60 -H83 cm

 

日本の元アーティスティックスイミング選手でタレント。元オリンピック日本代表選手。

8歳から地元の京都踏水会でシンクロナイズドスイミング(当時)を始める。

小学4年生で国内大会のジュニア五輪で優勝。

井村雅代が率いる井村シンクロクラブに高校1年より、所属。

2005年に世界選手権代表になるが怪我で出場はできなかった。

2006年にワールドカップ代表になる。チーム種目で銀メダル獲得。

2007年に世界選手権代表になるが出場機会は残念ながらなかった。

2008年北京オリンピックにチームで最年少日本代表に選ばれる。
チーム種目で5位に入賞する。
北京五輪を最後に現役を引退した。

2010年、びわこ成蹊スポーツ大学を卒業した。
引退後は京都踏水会で指導を行いながら、モデルやタレント、レポーターとして活動している。

まとめ

アーティスティックスイミング姉弟、惜しかったですね~!

一生懸命練習して、出来ない事が出来るようになる。

挑戦し、挫折も味わいますが、また挑戦して行く!

本当に勇気づけられます。

絶対夢は叶うと信じています!

頑張ってください!4人姉弟!

コメント

  1. […] グータッチ青木愛指導アーティスティックスイミング姉弟全国大会へ […]

テキストのコピーはできません。