宇佐美正パトリックミドル級に!全日本選手権へ挑戦!ミライモンスター

スポーツ

高校時代全国6冠というモンスター級の成績を残しているボクシングの宇佐美正パトリック選手。

2018年にはAIBA世界ユース選手権大会で銅メダルを獲得している。。

2020年1月12日にミライ☆モンスターで放送されます。

大学生になった宇佐美正パトリック選手、ミドル級に階級を変更し全日本選手権へ挑戦します。

ミライ☆モンスターの番組内容を追っていきたいと思います。

宇佐美正パトリック選手(ボクシング)

宇佐美正パトリック選手は名門東京農業大学へ進学しました。

高校時代ボクシングで全国6冠という成績を残しております。

階級をライトウェルター級からミドル級に変更し、全日本選手権に挑戦します。

宇佐美正選手プロフィールはコチラ

ミライ☆モンスター

毎週日曜日11:15~11:45

未来に輝く「金のタマゴ」応援ドキュメンタリー番組。

日本の未来を背負っていく、「金のタマゴ」たちの挑戦を応援していきます。

番組MC

関根勤

横山由依(AKB48)

岡部麟(AKB48)

ミライ☆モンスター紹介人

磯村勇斗

石田たくみ(カミナリ)

家庭環境

父日本人、母カナダ人。幼い頃、両親が離婚。

男で一つで正君を育てる秀嗣さん。

正君が中学でボクシングを始めてから仕事育児を両立させながら、正君と一緒にボクシングを始める。

父は息子の為に、徹底サポート。栄養管理の資格を取得したり、自宅1階を改造したジムがあったり。

父の職業は大阪市内で幾つもの会社を経営する実業家。

東京に行ってしまった息子の応援に訪れた回数は8か月の間で30回以上だそう。

世界一のボクサーになって金メダルを取ってお父さんにかけてあげたいっていうのが一番の夢!

東京農業大学ボクシング部

大阪から上京し東京農大ボクシング部に入部

世界王者を3人輩出している名門

さらに1学年上には頼れる先輩ミラモン松本圭祐君も!

松本君:大学来てより強くなった。

何より練習に手を抜かないんでさすがだなって思う。

階級をミドル級に!

監督と相談して階級を上げてライトウェルター級から2階級上げてミドル級で試合をしている。

大学入学後、筋肉が増量しそのパワーを生かすため階級を上げた。

ミドル級はロンドンで金メダルに輝いた村田諒太選手と同じ階級。

 

マスボクシング

寸止めで3分間1ラウンドの打ち合い

連続のマスボクシングはキツい?と聞かれ

「しんどいですよ!でも一番実践練習に近い練習ができるのでそういう意味ではめっちゃいいです。」と答えた。

必殺技

ミドル級でも必殺左ボディで連勝してきた。

ミドル級通算成績10戦9勝1敗

課題

唯一の黒星

2019年10月 国体準々決勝敗退でそれまで打たれたダメージが蓄積敗退してしまいます。

ダメージなしで次の試合に望めるようにというのが課題

簡単にパンチをもらわないディフェンスの強化

正君が目指す選手とは?

打ちながらでも相手が打ってきたら絶対もらわない

2019年4階級制覇を成し遂げたメキシコの英雄

サウル”カネロ”アルバレス選手(29歳)2020年1月現在

ディフェンスを強化

後ろ向きダッシュ

ディフェンスの基礎練習

ボクシングは後ろにもバックステップとかもする

後ろの動きも機敏にできなきゃいけない。

 

全日本選手権に挑戦!

今回はミドル級に挙げて初めて挑む大会。

パンチをもらわないボクシングで

1回戦 中央大学の堀口力矢選手と対戦

1ラウンド1分11秒 レフリーストップで勝利!

2回戦目 拓殖大学コーチ浦嶋将之選手と対戦

勝負は判定 準決勝進出を決めた!

準決勝 自衛隊体育学校森脇唯人選手と対戦

現在2連覇中の森脇選手は絶対王者

1ラウンドで正君が瞼をカットで出血
3ラウンドまで戦って判定で森脇選手の勝利

正君は負けてしまいました。

全日本選手権は森脇選手が優勝し3連覇!

 

正君:勝てなかったのはすごい悔しいですけど次の課題を見つけて頑張ろうかなと思ってます。

父:パンチをもらった印象はないし彼の出来る限りのパフォーマンスを出したと思うので僕は良かったと思います。

 

課題だったパンチをもらわないボクシングは理想に近づきつつある証拠

これからも親子で戦い続けていく。

まとめ

『宇佐美正パトリックミドル級に!全日本選手権へ挑戦!ミライモンスター』

ミドル級に上がった正君が頑張る姿、勇気がもらえます。

そして何より親子愛が素晴らしいですね!

正君が優勝する日を是非みたいと思います。

頑張れ!

 

スポンサーリンク
スポーツ
yocchi_hate_naをフォローする
ちょっとしたハテナ?の話
タイトルとURLをコピーしました